2006年08月19日

黄緑の呪いは続く

  
しかし、松本→冨山になるだけで、ああもラインを上げれなくなるものか。
  
悠介さんは、試合によって「良い悠介」と「悪い悠介」の2つに分かれるですが、
今日のは悪い方の悠介さんでした。

そして中町wwww
  
posted by りび at 21:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちくしょうナメてんじゃねえよぅしくしく

  
なんだか最近すっかりヒール役も板についてきた川渕サカー協会会長さんですが、あろうことか、今頃になって
「実はボクちんジーコタソはダメなんじゃないかと思ってたんだ〜」
なんてことをロイターさん使って語っていらしゃったらしいです。
 
リンク先をものすごく雑に要約すると、

「鹿島にいたころのジーコタソは、手取り足取りほんとにきめ細かく日本人選手の面倒を見てくれる人だったんで、そんな彼が代表監督になったらステキだなと思ったんだけど〜。代表の指揮するジーコタソは人が変わったみたいで、なんか割と放ったらかし主義だし、そしたら自分を見失っちゃた選手もいたみたいで、えーなにそれ話違う〜て思ったのよ。クビにしちゃえー!とか考えたこともあるにはあったんだけど、どういうわけだか彼W杯出場決めちゃったもんだから言い出せなくなっちゃってさぁ。

豪州戦は最後の6分間足止まってたし、なんでかクロアチア戦も、選手は全然走ってなかったでしょ、ブラジル戦なんて2点取られたらやる気なくなっちゃってさ、もう何がいけなかったのか、訳わかんない。やっぱ日本人って、ちゃんと指示してくれる人がいないと何にもできなくなっちゃうところあるわよね〜。こんなこと言うのもなんだけどさ、ジーコタソはちょっと甘ちゃんなところがあるし、インテリでもないからやりたいことを言って聞かせる能力無いみたいで困っちゃった。その点オシムタソはスゴイわよ〜、ジーコタソが2年間できないまんまだったことを、たった3日間でやっちゃうだもん!

なんかジーコタソが結果出せなかったからって、ファンのひと達があたしにヤメロとか言ってるみたいだけどね。後からだったら、なんだって言えるわよ。もしも豪州戦であんなヘボミスもなく勝っちゃったりして、それでジーコタソが結果だしてたら、今頃ジーコマンセーとか言ってるに決まってるのよあのひと達。」

と、こんな感じ。
  
わたくし、川渕さん解任デモがあったときも、行動を起こす方々に対しては特に賛成とも反対とも思いませんでしたし、特にコメントする気もありませんでした。
でもねえ、ルールをねじ曲げてまで再選まで持っていった川渕さんに対しては苦々しい気持ちを抱いている事も確かですし、そのうちまたなんか妙な事をする気配など有りや無しやと、いちおう気にしてチェックぐらいはしてますよ、やっぱり。

それより何より最後の一文が酷い。悲しすぎる。見くびってんじゃねぇや川渕。
本来だったら待って待って待ちこがれた筈の4年に1度のW杯日本代表選を、わたくしがどれだけ砂を噛むような気持ちで眺めてたと思うですか川渕さん。
3年前まで、必ず年に2〜3回は見に行ってた代表生観戦もぱったり行かなくなり、終いにはテレビ中継ですらスルーするようになってしまったのは、ジーコの指揮する代表のサッカーを見ることが、最早苦痛にしかならなくなってたからですよ。
オシムが監督就任を機に、過去に置き去りにしてきちゃった代表愛のリハビリなど始めてますけど、これがけっこう大変なんですよ。
もうすっかり条件反射が身体に染みついちゃってるから、今でも新聞紙面とかJ'sGoalとかで「代表」の文字見ると ( ´_ゝ`)フーン てうっかり知らん振りしちゃって、いけねえもう監督変わったんだ、て思い出すのを何度も繰り返してるんですからね。
1日でも早く、ジーコの時代が通り過ぎてくれますようにと、頭を低く下げて時間の過ぎるのをただひたすら待っていた、わたくしの3年間を返せー戻せーしくしくしくしく。
posted by りび at 00:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

週末

  
家主さんのおうちで札幌戦の放送を見ました。
  
ミドルシュートがスコーンと決まった途端に「俺って良い感じ」オーラ全開の佐藤悠介選手。

そして後半、延々と繰り返されるCKを蹴らされていくうちに急速に飽きてきて、「てめーらいい加減にしやがれ」オーラを滲ませる佐藤悠介選手。

そんな単純な佐藤悠介が大好きです。

試合開始前に、家主さんと2人で「やっぱ札幌といえばジンギスカンだよね。勝ったら行くぜ行くぜ『宇田川』へ!」と決めていたので、この日の夜は某K丼氏御夫妻をお誘いして羊喰いに。

それまでの羊肉に対する概念を、確実に覆されるお店です。
そのうち大人数で誘い合わせていきましょう。

もうもうと立ち昇る煙を全身に浴びつつ、ラム焼き肉塩だれをほおばりながら試合の感想などを少々。

HBCの、あの無駄アップ多用ひたすらボールおいかけまわし映像を見て、湘南DFラインの位置についてまで語り合えるK丼と家主はスゴイなと思いました。

本日土曜日は大神へ、三重県国体選抜との練習試合を見にいきました。

えー、世間様の練習試合詳細報告自粛体制はまだ続いてるのかな?

個人的ハイライト。

自分が点取る前に、練習生氏に初ゴール決められちゃったフラビオ選手。

1本目終了後、菅ちゃん監督から「オヤジみたいなプレーしてんじゃねぇよ!」と怒鳴りつけられた某選手。

あと、仲間内の更に極一部よりファッションリーダー認定受けてる某選手。
ハーフウェーライン付近右からドンピシャのクロス放り込んでヘディングゴールアシストってどんな技ですかりびさん灼熱の太陽の下でマジちびりそうになりましたよ。

でも公式戦じゃ、あんな前がかり状態滅多にないからな。
湘南のFWさん達はみんな守備たいへんだしな。
リーグではなかなか見れないのかな。残念だな。
  
posted by りび at 19:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

彼のJ2時代を想うと

  
よみがえるのはいつもぱつんぱつんの背広姿。
  
そして先程、スポーツニュースでほぼ1年ぶりにその姿を見た。
  

  
  
    
またまた太ったな反町!
  
posted by りび at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

いちおう何かしら書いておこう

  
えー、中田英寿御大現役御勇退によせて。
  
ちょうど1ヶ月ぐらい前、まだW杯も始まる前のこと、
大神某所にて
「ヒデは、こんどのW杯が終わったら引退しちゃうよう気がする」
「確かに、それはあり得るね」
なんて会話をしていたことを思い出しました。
  
言葉にはしなくとも、ベルマーレスキーのひとたちの中には、
例えぼんやりとであっても、そんな予感を感じていたかたは
けっこういらっしゃったのではないと思います。

Jリーグ、セリエA、プレミア、五輪、W杯。
これまで中田様の進んできたサッカーの道の先には、
常になにかしら具体的な目標、指針が立っていたような気がいたします。
人間なんてもの、目指べきもの無しで、
あれだけ厳しく自分を追い込むことなど、到底不可能でしょう。
4年後、南アフリカでのW杯を迎えたときに、
今のレベルでサッカーはできないと彼が自分で判断したのだとしたら、
それを横に押しのけて「続けてくれ」なんて、とても言えませんよ。
空気を吸って、吐いて、
呼吸をするような気持ちでプレーを続けるサッカー選手も、
たぶんプロの世界には少なからず存在するとは思いますが、
中田さまはそういうタイプじゃない、わたくしはそう思います。

それでも、頭で考えるのと、感じるものが必ずしも一致しないのもまた人間。
「やめちゃうかもね」なんて言いながら、
(そうじゃなければいいけど)って思ってましたよやっぱり。
でも、それはわたくし個人が自分で消化するだけのことですから。

いやしかし、なんだ。
今わたくしにとって何が怖いって、
もはやプロの有名サッカー選手じゃなくなった中田様が、

トカゲ皮ジャンとか長すぎるマフラーとか片袖シャツとか着用してたら、
ただの変な人じゃんかよ!


という現実を突きつけられてしまうことでしょうか。
  
posted by りび at 01:55| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まったくイギリス人ってやつわぁ

  
Italian Soccer Training Camp
  
先週のいつだったか、
家主さんがまたぞろ2chのどっかから拾ってきた動画。(音出ますよ)
札幌戦のあとの飲み会でネタにしたら、
見たことがないという人が多かったのでリンクを貼っておきます。
まだのかたは、ひとまずご覧あれ。
  
これ、イギリスの新聞のCMだそうです。
それもタブロイドとかじゃなく、ちゃんとした新聞社で、
Euro2004の前ごろに放映されたもの。
盛大に転がっているのは、もちろん本物のイタリア代表ではありませんが、
いやさすがモンティ・パイソンの国と言うべきか、
ただ単にイングランド人アホやね〜と言うべきか。
  
posted by りび at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

いや勝ったさ

確かにね。
家主さんごきげん。

まあそうだよね。

行きは、車中でかけてたCDが、く らーいプログレだったんですよ。
で、祝勝飲み会が終わって、帰りは当然選曲が変わってるわけですよ。



だからって「走れホーリーホック」(先週水戸サテ戦の売店で買ってきた)はないと思います。




ちなみに家主さん、水戸ちゃんは二番めに好きなチームだそうです。

W杯は、当然のことながら完全にイタリア代表の虜さ!
posted by りび at 00:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

BBCのお仕事

  
抗う間もなく終わったW杯。
  
「さあこれからはJ2の時代ですよ!」などとうそぶくわたくしを横目に、
家主さんときたら、未だ完全にヤナガシュワさんの虜
  
タカハラと一緒にずっこけトリオ結成すればいいのに!
 ん?トリオだと1人足りないな。
 残る1人は、やっぱヒップクリアのサントスか?
 惜しかったのは玉田だよなあ〜、
 ブラジル戦の1点さえなければ、
 『主審へのドリブル突進』でスタアだったのにさあ」
  
なんて言ってます。
  
わたくしここ一週間、ネットに繋ぐ時間があまりなくて、
2chは殆ど見てなかったのですが、
先程から、嬉しそうな家主さんにより
どこぞのスレから拾ってきたらしいこんな類の画像を見せつけられまくってます。
  
中でも秀逸だったのがこれ
ゲロ重いけど、記念にリンク貼っときます。
今大会、ヤナガシュワさんが最も輝いていた上記のシーンを、
速度や角度を変えたり、
ご本人やらカジさんやら股抜かれGKさんやらボールやら
色んな人の視点から確認したりすることができます。
  
なに暇なことやってんだBBC。
  
  
「ね?ね?こうやってみると、急にきて一番びっくりしてるのはGKでしょっ?」
  
よくわからないけど、家主さんが幸せそうだから、まあいいか。
  
posted by りび at 00:14| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

まとめて行きます。

【17日土曜日横浜FC戦】
要するにマネージメントの問題、
現状はまだそこまで気をまわす余裕がない、
そういうことでしょう?
何にせよ、
あんなキタナいサッカーばかりをするチームに負けることは、
今後一切許さない。
許さないからってどうすんですか、と聞かれると少々困りますが。

【トライアスロン幕張大会】
ミサトさんがバイクのカーブで落車、
ご本人のサイトによると鎖骨骨折らしく。

重田さんはパンクでリタイア。
ミサトさんのことがあったので心配しましたが
ご本人はぴんぴんしていたので一安心。

山本さんは4位で完走。

中込コーチは順位は忘れたけど無事完走。

トライアスロン初観戦は雨でびしょ濡れ、加えてアクシデント連発。
観戦視点としては、これはこれでなかなか。

【ユース市原戦】
フクアリ到着と同時に失点(シーンは見えず)、
何度かリズムを掴みながらも決めきれず2−3で敗れ、
全日本ユース全国大会への道は9位決定戦の結果へと委ねられました。
ここんとこ明らかに調子落ちのこのチーム、
選手のもがく様子が手にとるようにわかります。
でも、いくらゴールが決まらないからって、
安全確実に慎重なシュートをなんて100年早い。

【日本代表クロアチア戦】
だれかあの柳沢とかいう男をピッチから引きずり下ろしてください。

世界最高の桧舞台においてすら、
いつものアリバイ守備を止めようとしない小笠原さんに爆笑。
posted by りび at 12:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

練習試合レポを書こうかと思ったけど、その前に

  
さしあたっては、こっちのほうが先かな。

「街頭でのビラ配りにご協力を」(6/17、18)
馬入に市民と共用の便益施設を!
  
行政を動かすために、
能動的なムーブメントが必要不可欠だということは、
いまさら言うまでもありません。
また、平塚市の対応を見ると、前向きな意見も出ているようですので、
ここからの一押しがすごく重要な局面になってきています。
ここから何らかの成果を勝ち取れば、
それがベルマーレファンの成功体験にも繋がります。
今、「成功、成果」の味を必要としているのは、
何もチームに限った話じゃないよね、と思いますよ。
  
かく言うわたくしは、
17日はできるだけ開門前に競技場入りしなきゃいけないので、
時間制限有りならビラ配り参加可能。
18日は、別方面からのお手伝い依頼を受けていて、
朝いちから幕張へ行かなきゃいけないので参加できません。
むう、言動不一致になりはしないか。
  
posted by りび at 23:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。