2005年06月06日

で、日曜日、大神→家主宅への移動中

  
の、車の中、わたくしと家主の会話
  
家主「大宮さんだって、昨年は一度チーム状況が落ち込んでから持ち直したんだし、
   ベルマーレも何とかなるかもしれないよ」

  
りび「大宮さんが安定したのは、トゥットが加入してからですけどね」
  
家主「…やっぱ、非現実的とはいえ、ベルマーレにもスーパーなFWが必要なのかねえ」
  
りび「まあ、そういうのが1人いれば、中盤も最終ラインも余裕は出るでしょうね」
  
家主「しかし、そういう選択は、根本的な解決にならないし何か納得いかない!(`・ω・´) 」
  
  
…と、こんな無駄トークを交わしながら、携帯をいじるわたくし。
  
  
りび「あ、ベルマーレさんFW補強だって。梅田選手、レッズから」
  
家主「えぇっ、スーパーなFWは?」
  
→りびさん完全無視を決め込む。
  
家主「ねえねえ!スーパーなFW来ないのー?(ノД`)シクシク」
  
何だかんだ言って、やっぱり欲しかったんですね家主さん…。
  
  
ところで、この梅田さん、
某ちゃんねるに貼られていたリンクから、
昨年閉鎖なさった某広島系サイト様の取説を拝見したところ、
  
  
<以下抜粋>
  
  どフリーでキーパーと1vs1になったときとかは
  悲しい現実を見ることになるのでおねがいですから
  浦和さんの俊足FWを走らせてそっちに打たせてあげてく
  ださいおねがいします

  
  
すいませんまさにその「悲しい現実」を

前日に見たばっかりの湘南さんは

どうしたらいいのでしょうか。

  
  
ええと、あちらこちらで情報を拾ってみると、この梅田さん、
たいへん真面目な性格の持ち主で、かつ縦の突破がお好きとのことでしたので、
上田さんの手にかかると速攻で右SBにコンバートされてしまいそうな
気がしないでもないですが、まだご本人をちゃんと見た記憶がいまひとつありませんので、
見る前からあれこれ言うのは控えておこうかな、と思います
(もう充分すぎるぐらい言ってる気もしますが)
  
posted by りび at 16:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先週末のこと

  
6/4(土)
  
  
大神ユースの関クラ2次予選(15:30〜)を見ました。
プリンス様であらせられるジェフ千葉さんを相手に、
真正面から組み合うガチンコの勝負を挑んで(というより多分それしかできない)
1-0で勝利をものにした湘南ユース。
危ない場面も幾つか作られてはいましたが、
基本的に局面局面で負けなかったあたりは、大したもんだと思います。
本当は、ヤボ用で17時ぐらいまでに平塚競技場入りしなきゃいけなかったんだけど、
あまりにも試合が面白すぎて、結局試合終了まで土手に居座ってしまいました。
  
050604
  
  
ご挨拶まで見届けてから、慌てて競技場に移動。
福岡戦の試合中は諸事情により撮影なし。

試合の感想。

  キレイキレイなサッカーやろうとしたって無理な時は無理なんですから
  人間割り切りが肝心だと思います特に柿本さん似合いませんからそれ
  
試合後の飲み会でしこたまビール飲んで、
なんとなくいつもより3割増の酩酊状態のまま家主宅で爆酔。

翌朝は当然のごとく寝坊。
  
  

6/5(日)
  
  
朝からゼルビアの観戦を予定していましたが、
目が醒めたのは試合開始30分前。
  
050605
  
慌てず騒がず平常心で準備して出撃、後半から観戦。
  
圭ちゃんも、中村さんちのトモくんも、2人とも元気。
ただ、試合終盤、対戦相手に押し込まれたゼルビアさん、
全体的に浮き足立っちゃってかなり危険な匂いをぷんぷんさせてたのに、
中でも一番フワフワしてたのがCマーク付けた圭ちゃんだったというのは、
どうしたもんかな、なんてことを思いました。
竹中さん(旧キャプテン)、当分楽隠居できなさそうな感じです。
  
試合後の挨拶で「内容に納得いってない」みたいな話をしている圭ちゃんを横目に
バタバタと平塚競技場に向けて移動。
  
  
Lリーグの天王山対決、ベレーザ対ペニーナを観戦。
  
試合は、後半、ベレーザさんが2枚めのイエローで10人になるも、
堅実な試合運びを見せ、ペニーナさんの決定力不足にも助けられ、
ロスタイムに決勝点を決めて1-0の勝利。
源気ちゃんの妹さんの優季ちゃんはスタメン出場でしたが、
あまりゲームに絡めないまま故障開けの荒川さんと交代。
  
050605
  
でも試合後はとても嬉しそうでした。
  
ところで、ベレーザさんとこのコールする人たちは、
全部あわせても30人にも満たないのに、なんで分裂してるんでしょうか。
  
  
平塚からの帰宅途中、「なにかやってないかな〜」と大神に立ち寄り。
  
川崎さんと横浜FCさんのところのジュニアユースくんたちが
公式試合らしきものをやっていたので、途中からなんとなく観戦。
  
それが終わったと思ったらら、
ベルマーレのオエステさんとマリノスさんの子供たちが試合を始めたので、
これも観戦。
  
050605
  
オエステくん、試合開始早々に得点を決めて、
前半は何とかそのまま持ちこたえていたのですが、
後半開始すぐに同点に追いつかれ、もともと地力に差があったことも手伝い、
中盤を完全に支配されまくって2点追加され試合終了。
  
それがどんなカテゴリーでも、
マリノスさんに負けると妙に悔しいのは何故なのでしょうか。
  
  
  
   
サッカーサッカーでお腹いっぱいの週末、
こんな生活にふと疑問を感じないでも(以下略)
  
土手で予定外の時間を使いすぎて、
スーパー銀次郎の「トマト1皿(6個入)198円」を買い損ねましたよしくしく。
  
posted by りび at 14:43| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

1位に負けちゃった人たちを見てきましたよ

  
この週末は、トップは遠方アウエー、サテもユースもソフトもビーチも試合なし、
ってことで、暇暇暇。
  
そんな自分の生活に、微妙〜な疑問を感じつつも、
あまり深く考えると頭痛くなりそうですので、
とりあえず日曜日の練習を見に大神に行ってきました。
  
別メニューは2人だけ。
大半の選手はランニングがメインだった中で、
ののヨッシー、白井さん、浮氣さん、田村くん、グラおじちゃん、
源気ちゃん、貴公子さま、マサ、植村くん、の9人のみは、
軽くアップした後、でっかい鳥かご&ミニゲームを。
  
050530

はて、これはどういう人選だったのでしょうか。
  
050530

ランニング組の中で、主に昨日の試合に出なかった人たちは、軽くボールに触って終了。
(バリちゃんは見てるだけ〜)

更にその中の新人組は、山田さんと一緒に身体作りのため居残り。
  
050530

「新人組」と言いつつ、その中にJOJOさんが混じっているあたり。
  
  
  
  
  
久々に<本日のセクシーショット>  
050530

白井サンタのよだれかけ
  
posted by りび at 16:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

おベカム様テント

  
5/25付の大神日記で、サトユーさんが源気ちゃんに閉じ込められたという酸素テント、
おベカム様が、ワールドカップに間に合わせるために猛スピードで骨折を直したというアレ。
  
一般の人が使うタイプのものは、
加齢やストレスや食生活が原因で、現代人の体内酸素がどうしても足りなくなってしまうのを
補う為のものだそうで、週1回程度のペースで定期的に入ると、基礎代謝が上がったり、
活性酸素を中和したりするのだそうです。よくわからんけど。
  
  
  
で、これ、
わたくしの勤務先にも同じオアシス何とかとかいうやつがあります。
わたくしも、1回だけ入ったことがあります。
  
テントとは言っても、三角錐型だったりドーム型だったりするわけじゃなく、
長さ2mちょいぐらいの円筒状のもので、これがデーンと横たわってます。
筒の側面にあたる部分、設置された状態で言うと上部に、
30cmぐらいの覗き窓と出入り用のファスナーが付いてます。
中は、普通の大人サイズの人ならゴロゴロ寝返りがうてるぐらいの幅があります。

050527

テントの中に入って横になり、ファスナーが閉められると(誰かに閉めてもらわなきゃいけない)、
テント内の加圧が始まります。(誰かにスタートしてもらわなきゃいけない)、
気圧は1.3気圧ぐらいまで上がります。
気圧が変化している間は、当然のことながら耳抜きを続けなければいけません。
耳抜きがヘタな人だと、このへんでかなりピンチな状況に陥ります。
  
気圧が上り切って安定したら、
あとは昼寝するなり、本を読むなりしながらのんびり過ごします。
その間、なんかアロ〜マな香りの空気が送り込まれ続けてますが、
これは別に高濃度な酸素とかそういうスペシャルなものではないようです。
そのままの状態で、30分ぐらい。
所定の時間が経過したら、少しずつ気圧を下げてもらいます。(誰かに以下略)
気圧が元に戻るまでは、またひたすら耳抜きを続けて、耳がキーンとなるのを防ぎます。
耳抜きが苦手な人だと、こんなもんもう二度とやるもんかと思うことになるでしょう。
それが終わったら、テントを開けてもらって、終了。
これで全行程およそ50分間。
  
いちおう、緊急時用に中からもテントを開けられるファスナーが付いてるみたいですが…。
高い気圧に慣れたままの状態で外に出ると、相当キツい思いをすることになりそうですので、
本当のエマージェンシーでもない限り、途中で勝手に外に出ることはないと思います。
  
  
  
さてさて、サトユーさんは、何分間ぐらいあの中に入らされてたのでしょうか。
  
posted by りび at 15:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/22サテライト名古屋戦

  
試合開始前から雨はザバザバ降ってるは、
スタンドの目の前に両チーム&運営用のテントが設置されてるはで、
よくわからないところが沢山あったため、詳細は略。撮影も略。
試合を思い返すと、
目の前で吼えてた望月コーチの姿ばかりが頭に浮かびますよ。
  
前半の3失点は、
CBのバリちゃん&白井さんが、ボランチの中町くん&吉井くんと
全く噛みあっていなかったことが大きかったのではないかと思います。
だから、真ん中からの突破を仕掛けられると、あっという間にバタバタしちゃう。
  
特に中町くんは、吉井くんと組むと途端にイキイキし始めて、
やりたい放題イケイケモードに突入しますので、
慣れてないDFさんだと、ちょっとやりずらいんじゃないかと思います。
  
同じチームなんですけどねえ。
もしかしたら、サテはサテで、トップとは別のチームになっちゃってるのかもしれません。
  
あと、白井さんは、本番の時以外は全く別の白井さんになってますので、
サテ戦でご本人の調子を占うのはとても難しいです。
「僕のバリちゃん」(家主談)が自分の調子に納得いってなくて、
とっても不機嫌そうだったのは良く分かりましたけど。
  
あ、この日の試合、
「湘南サテの蓋」としてファンに親しまれているグラントおじちゃんは居ませんでした。
おじちゃんの11番は、池田くんが付けてました。
  
posted by りび at 13:40| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

5/21札幌戦のあと

  
選手がのろのろとバックスタンドへ向かう姿を目の端で確認しつつ、
バタバタと競技場を後に。
  
選手挨拶を待たなかったのは別に腹を立ててた訳じゃなく、
  
050521
  
大神でこっちの試合が始まってたから。
  
日本クラブユース選手権関東大会二次リーグ、横河武蔵野FC戦。
一次リーグで既に対戦している相手ですし、
チームの実力差を普通に考えれば、そうそう心配することはない筈ですが、が!
去年や一昨年のユースくん達は、そういう試合を幾つも引分けにしてしまって、
おかげで今年も関東2部になってしまった訳で。
もしも今年それをやっちゃうとしたらこの試合だよな〜大事だよな〜この試合
と思ってたので、トップの試合を観戦している間も、
特に最後の方は得点の匂いがどんどん遠のいていたことも手伝って、
(今頃大神はどうなってるだろう)と、気が気じゃなかったのです。
  
緑地の駐車場から家主が車を飛ばして、何とか後半開始前には現地到着。
よくご挨拶する3年生のご父兄にスコアを聞くと、
「ちょっと危ないときもあったけど、何とか1−0で勝ってます」とのこと。
むー。
  
後半は、心配していたよりはずっと良く、そこそこ危なげない試合展開。
故障で離脱していたキャプテンの鈴木くんが復帰してました。
同じく故障で、前の試合に途中交代ながら復帰していた北村くんは
まだ勘が戻らないのか、周囲と噛みあわない場面が、ちょっと目に付きました。
横河さんのバーポスト選手大活躍。
猪狩くんの放ったミドルシュートのゴールは、
1時間ぐらい前に見た札幌さんのそれより、何倍も豪快でした。
もちろん贔屓目です。
3点目を取ったところで、哲っちゃん、育成モードに切り替え、
1年生を続々に投入し始めました。
  
さてさて、この3−0で良しとした判断が、この後吉と出るか凶と出るか。
  
posted by りび at 13:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

5月21日の札幌戦

  
スタンドから眺めている限りでは、
札幌さんにも付け入る隙はたっぷりあったこの試合。
  
もしかしたら、このトップチームと湘南ユースっ子が対戦したら、
今だと簡単には点が取れないかもしれないなあ、
なんてことを思いましたよ。
トップの皆様は、結果が出ない上にミスが増えているために迷いが生じて、
出足がどんどん遅くなっているという印象を受けます。
チームの調子がいい時は、
何も考えなくとも良いポジショニングが取れていた場面で、
今はそれをいちいち考えちゃうために後手後手にまわってしまう、
といった感じでしょうか。
これではどんなに体力を付けても、どんなに瞬発力を強化しても、
結果的にはトレーニングの意味がありません。

050521
  
そして、ベテラン勢の元気な走りっぷりばかりが目立ってしまったりするわけです。
つーか、浮氣さんをあんなに前に上がらせちゃってどーすんすか!

050521
  
貴公子様は、途中交代にてひさびさの試合復帰。
調子こそ悪くはない御様子でしたが、チーム状況を反映してか、空回りの連続。
  
  
試合を思い返しての感想としては、
「ベルマーレはチームじゃなくなってる」の一言につきます。
平塚→湘南と変わった頃から在籍している選手達も、そろそろ二十歳半ばを過ぎ、
去年から今年にかけて実績のあるベテランが複数入り、
もう「湘南は若いチームだから」なんて言ってもらえる状態じゃないんですから、
いつまでもあったかい目で見守ってはあげられませんよ。

自分達の人生にかかわる問題なんですから、
自分達の力で何とか浮上してきてください。
  
  
  
そして、
  
(もしもわたくしの手元に自由になるお金が500万円ぐらいあったら、
そのお金をクラブに持っていって、
『お前ら全員勝てるまで妻や子や彼女の顔を見ることはまかりならん!
 強制合宿してこーい!!』
みたいな、ガウッチごっこがやってみたいなあ…)

  
なんてことを考えてるわたくしは、
いつまでたっても進歩のないドリーマーでございますよ。
  
posted by りび at 12:47| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

GWの想い出その5

  
5月4日のファミリーがジョインする日。

  
  
050504
  
たいへん大人な子供あしらいを見せる中町公祐19歳。
  
  
  
050504
  
まくる場所がちょっと違う時崎悠25歳。
  
posted by りび at 15:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの想い出その4

  
050503050503
  
同じく5月3日の練習終了後、
他の選手は全員引き上げてしまった後も、
2人残って、子犬のようにボールを追いかける
鶴見くんと石原くん。
  
個人の居残りとはいえ、選手がピッチにいる間は
コーチは誰かが残って監視役をしなければいけないらしく
  
050503
  
とっても退屈そうな望月さん。
  
「おーい!お前らいいかげんにして上がれー!」
なんて言われて
「はーい!」
と答えたけど、
  
050503
  
そのあとも、ボールの追いかけっこをなかなか止めようとしない
二匹なのでした〜。
posted by りび at 15:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの想い出その3

  
050503050503050503

5月3日の練習終了後、
ボール遊びに興じる菅野コーチ。
posted by りび at 15:06| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの想い出その2

  
050501

海老名市上郷スポーツ広場で見たソフトボール選手権大会の神奈川予選。

この日のベルマーレソフトチームの予定は一回戦と(勝てば)準決勝の2試合。
初戦を快勝で通過した選手達が、頭を下げながら観戦客の前を通りすぎると、
ファンの口からは、次々に「おめでとう!」とか「よかったよ!」と
祝福の言葉が。

すると、それを聞いた選手達、下を向きながら、
「まだあるよ」
「うん、まだある」
「もう1試合あるね」
と、眉間に皺を寄せ、厳しい表情で口々に呟いていました。
  
地域予選レベルでは反則級の戦力を抱えているとはいえ、
チームとしては湯気が出そうなできたてほやほやの彼女達が
現在まで順調に成績を残せているのは、
こういう厳しさを常に忘れないからだと思ったことですよ。
posted by りび at 14:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GWの想い出その1

  
050430

旧交をあたためる人たち@仙台スタジアム
posted by りび at 14:47| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

さて

世間一般の流れに違わず、増加傾向にあるベルマーレ系blog運営者の中でも、空気を読まないことに関しては一、二、を争うわたくしが更新など再開してみようかと思いますよ。
posted by りび at 14:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月16日

ああなんだかとってもお久しぶりで

  
前回のエントリで「その1」って書いたにもかかわらず、
「その2」で何書こうとしてたのかすら、今では定かじゃないし。


更新をおサボりしていた間に


日帰りで仙台いって⊂⌒~⊃。Д。)⊃ したり、


草津戦前の親子サカー教室で

恐ろしく大人気ないキャノンシュートを決めまくるトッキーとか、

様子を見ながら軽く流している同僚に
「勝つ気ないのかよっ!」とプチ切れするトッキーとか、

小学児童(味方)の決定的なナイスシュートを
本能でカットするトッキー
とか、

いろいろと堪能させていただいたり、


鳥栖戦の真っ最中のときは、
ちょうどなっちん一家と一緒に日本海の海岸あたりをブラブラしてて、
携帯の速報で前半23分白井一発退場の報を知り

「もしかしてこの試合負けたら、またこの海に足を踏み入れなきゃいけないのかな」

という考えが一瞬だけ頭をよぎったり、



まあいろいろとありましたけど。



こうやって振り返りますと、
唯一、今なお強く印象に残っているのは、


yomonikki050423.190.JPG

バリ兄。


yomonikki050423.200.JPG

お客さん全部帰っちゃって
場内がボランティアさんだけになってもまだ大騒ぎの
バリ兄。


だったりするわけです。


人生、それなりの年数を生きてると、ごくごくごくたまーーーーーーーーーに、
嬉しすぎて自分で自分がわからなくなっちゃうスイッチが入るときがあるんだけど、
クロアチアという国は、そのスイッチがいとも簡単に入るお国柄のひとつなのかもしれないなっと。
クロアチア産の知り合いってのには、まだめぐり合った事がないんで、よくわからないけど。
  
posted by りび at 18:41| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月29日

4/23その1 ユース関クラ横浜FC戦

  
さてさてGW突入、明日は仙台戦。
そしてわたくしは空気も読まずに先週末の話など書こうとしてるわけです。
  
  
いつものことです。
  
  
yomonikki050423.005.JPG
試合が始まって暫く経った頃、
夜からの試合に出場するトップの方々がいつものお散歩に出てきました。
  
yomonikki050423.008.JPG
ベンチ入りメンバーわかっちゃった(´・ω・`) ハチャーンガイナイ・・
  
yomonikki050423.016.JPG
ユースの試合は7対0で勝ちました。
お相手の横浜FCさんは、今年から元マリノスのユース監督を招聘して、
育成の方にも力を入れていくって聞いてたんで、試合前はちょっとドキドキしてたんですが、
やっぱりまだ時間が足りなかったみたいです。
横浜FCさんは固定のグラウンドが無いから、練習も大変でしょうしねえ。
  
次の試合は、これ書いてる今日の午後1時から。
お相手はOSAさん。2週連続で奥寺さん絡みです。
OSAさんて、
選手がみんな大きくておっかないんだよな〜あれ絶対身体で選手選んでるよな奥寺さん。
  
posted by りび at 09:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月26日

祝トッシー&ツバサ エルゴラ初登場記念

  
遅くなりましたが。
  
  
050426.346
  
翼くん(高3当時)ジャグリング画像
  
  
  
050426.033
  
トシくん(高3当時)パンチ期画像
  
  
  
   
   
祝とかゆっときながらそこはかとなく懲罰してる気分これはナニ?
posted by りび at 12:56| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月22日

ホーム水戸戦を前にして一言

  
  
  
◇ Jリーグ第6節 対湘南柳下正明監督(札幌)試合後コメント
 
  
いちばんいいゲームをやったんじゃないかなと思う」
  
  
  
  
  
◇ Jリーグ第7節 対湘南鈴木淳監督(山形)試合後コメント
  
  
「うちに関しては、今シーズン一番の出来だったんではないかなと思います」
  
  
  
  
  
  

他クラブのみなさま。

これ以上湘南との対戦時に覚醒するのはもう勘弁してくださいマジで。
  
とまあそんなコトはさておき
posted by りび at 12:48| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月20日

そしてまた遊び狂う週末

■土曜日

家主宅にて13時からの山形戦スカパー中継を後半15分ぐらいまでチェック。
15時半キックオフ日本クラブユース選手権関東予選大会初戦を見る為に、
後ろ髪を思いっきり引っ張られつつ車に乗り込み、いざ土手へ。
  続きを読む
posted by りび at 14:28| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月16日

在庫放出

  
なんとなーくさぼってたら,またネタが根腐れを起こしてしまいました。
こんなペースじゃブログに書いてる意味がありませんが気にせず更新しますよ。
  
一気にいきます
posted by りび at 09:50| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月06日

見てきた。

  
050406
渋谷駅です。
  
  
050406
あれですかね?
  
  
050406
これですね。
  

一年のうち1回近寄るかどうかという十代の聖地渋谷なんぞに
なにゆえわたくしが足を向けたかというと、
いつも巡回させていただいているFrom Backstandさんのところで
「渋谷駅山の手線ホームにプリンスヤスの広告が!」
(いや産能大様の広告看板ですけど実際は)の情報を知り、
おおそれは希有な。一度くらいはこの目で確かめておかねばなるまい!
と思ったわけです。
  
日頃「もーヤスったら何であんなに写真写りが悪いのよぅ」と
カメラ好きの大きいおねえさんや小さいおねえさんたちを嘆かせている彼ですが、
大きな看板の真ん中に鎮座まします貴公子様は、
プロの写真家様の手にかかり、なかなかに凛々しくも見目麗しくあらせられるお姿。
そのまんまジャニーさんのところまで持っていって
デビューさせちゃえそうな勢いです子持ちの妻帯者ですが。
  
  
  
このところデジカメは家主のところに置きっぱなので、
証拠写真は携帯撮影にて失礼をば。
  
posted by りび at 23:57| ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。