2006年10月08日

天皇杯3回戦

  
061008.3237
  
平塚競技場から見る富士山。
台風一過でとても空気が澄んでます。
画像だとわからないけど、富士山は初雪が観測されたそうで、
右上のほうに少ーしだけ白いものが見えました。


関西大学さんは、いかにもクラブユース出身選手てんこもりといった風情。
観る人みんなに「いいチームだね、いいサッカーするね」
と言ってもらえるようなチーム。
ただし、数ある決定機の中で取れたのは1点のみ。

なんか、こんなチーム、身近に知ってる気がするぞ。
いつも見てる十代のチームで。
なんて事を考えながら、前半の観戦を終えました。

関西大さん、このまま90分間攻め続けるのは無理だよなあ。
この手の流れだと、もしも湘南ユースなら後半集中が切れて
スココンと点を決められるところ。
まあでも、ベルマーレトップさんだって決して試合運びが得手な訳でもなく。
一応大丈夫だとは思うんだけど、心配だなあ。

061008.3266

てな感じで突入した後半、源気逆転、アジ様追加点。
  
アジ様が2点差にしたあたりで、
関西大さんも何かがポッキリ折れてしまったのか、
すっかり足が止まってしまい、
その後は、もう一度流れを押し戻すことはできませんでした。


とまあこんな試合でしたので、

061008.3275

試合後、選手のご機嫌はこんな感じで、
当然勝利のダンスのお誘いなど、応える筈もなく。


061008.3278
  
スタンドに漂う微妙な空気に「すんませんねえ」と菅ちゃん。


061008.3280

そして選手の代わりに踊る通訳西村さんとフィジコのカルロスさん。
  
posted by りび at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。