2005年08月29日

サハラカップ初戦

  
050827
  
05年ベルマーレユースさんが全国を目指して戦う、最後の大会が始まりました。
  
  
この日は諸般の事情により前半のみ観戦。
今回のお相手、フロンターレユースさんには、
6月の日本クラブユース関東大会三位決定戦(長い)にて
2-3で負けてます。
が、わたくしちょうどその試合の日は、
群馬県は草津のお湯に揉み揉みほこほこされておりまして、
今年のお相手がどんな感じのチームかは全く存じておりません。

当初、川崎さんはこの試合の会場を麻生で予定しておられましたが、
後日等々力競技場に変更、当日はマスコットのふろん太くんも動員。
ふろん太くんノリノリ。
クラブ側のそこはかとない気合を感じます。
  
  
試合開始。
  
川崎さんドン引き。
  
真ん中にぽっかりスペースが空いてます。
  
でも川崎さん、ボールは両サイドから細かくパスを繋いで運びます。
  
  
対する湘南さんは、
等々力の良芝、風通る曇天の涼しい天候と、
快適なコンディションに恵まれたこともあり、
加えて川崎さんが試合開始直後からあっさり主導権を握らせてくれたことも幸いして、
とりあえず前半は危なげない試合展開を見せてくれました。
とは言え、決定機はそんなに多くなかったんですが。
  
  
前半の得点は、14分にPAそば正面で獲得したFKのチャンスから。
宮崎くんの直接ポスっと置きにいったシュートがゴール左上スミに決まりました。
  
  
川崎さんの仕事具合を見ると、前半のうちにもう1点追加されれば、
そこで試合が決まりそうな感じでしたが、試合はそのまま動かず前半終了。
後ろ髪を引かれつつ、祈るような気持ちで等々力競技場を後にしました。
  
  
現地からの矢文で(ありがとうございました!)試合結果を知ったのは、
東京駅丸の内中央口改札のちょい手前。
左手に携帯、右手に切符を持ちつつ
89分に宮崎くんのミドルがシュート決まり2-0にて試合終了との報告を受け、
ダーっっっとガッツポーズしながら改札をくぐったですよ。
  
  
それにつけても川崎さん、
45分間の観戦を通して、わたくしのあ・かるーい脳みそでは、
このチームがいったいどんなサッカーをやりたいのかすら理解できなかったのですが、
あまつさえ試合後に監督が こんなコメントを発表してしまうのは、
育成スキーの1人として、いかがなものかと思わずにはいられませんです。
いや、本音は本音として、事実は事実として、仕方ない部分はあると思うのですが、
公式のコメントで責任者にこんな本音ダダ漏れされたら、
試合に出ていた選手も立つ瀬が無いというか、そもそも選手は何を信じて戦えばいいのか、
わからなくなっちゃったりしませんかにゃあ、とね。
posted by りび at 14:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

「プロサッカーの世界ではこのようなこともあります」

  
浮氣アニキが横浜FCにレンタル移籍。
  

今年のベルマーレさんはシーズン中に3人も補強してしまったので
あの手この手で赤字を出さない方策を取らなきゃいけないし、
アニキだって、年齢的にもあとどれだけ現役を続けられるか分からないから、
このままサテにいるよりは「使いたい」と請われるところに行きたいでしょう。

頭では理解できるんですけど。

チャカとか、
トキとか、
アニキとか、
シーズン途中にハートの強いベテラン選手がチームを去っていく現象は、
どうしようもなく切ないし、言い知れぬ不安を感じずにはいられません。
まあ、どの道自分の気持ちの問題だけなんですけどね。
わたくしも、そろそろちょっと、クラブとの精神的距離感を見直さなきゃだなあ…。
(なんか去年も同じこと言ってた気がする)
  
  
  
  
<大神で見た、最後のアニキ>
  
050816
  
練習試合の2本目終了後、
珍しく怖い顔で、鶴見くんに長々と説教する浮氣アニキ。(8/13撮影)
  
  
  
  
<おまけ>
  
050816
  
アニキの説教から開放された直後、
白井さんにペンッ!と頭をひっぱたかれる鶴見くん。
  
posted by りび at 17:53| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

アンパンマントークショー第4回クラブカンファレンス

  
わたくしこの会は、過去1回目のみ参加、
その後はお手伝い等々の事情により欠席しておりましたが、
今回はたまたまフリーでしたので久々の出席と相成りました。
これよりちょいと前に開催された、
大分さんのところのカンファレンス記録などを見ると、
クラブ側が率先してこういった会を開催してくれるということは、
ものすごく貴重なことだと思います。
人によっては、真新しい情報を得る場にはならないかもしれませんが、
ファンの側も、「会が存在することそのものの重要性」について、
もうちょっと意識したほうがいいのではないかな〜、と思う次第です。

  
で、カンファレンスの内容についてですが、
「足を運んでくれた方々だからお伝えしたい」という趣旨のもとに
語られたものなのだそうで、
ビデオや録音機の持ち込みはお断りしているとのこと。
実際、「これはメモを取らないでくださいね」という
前提での話もかなり有りましたので、
わたくしの手元にあるじゃじゃ書きをもとに、
簡単に端折って箇条書きで報告してみようかと思います。

会場となった体育館の会議室は、用意されていた席では足りず、
椅子を追加していましたので、それなりに盛況のようでした。
  
  以下、夕べ夜更かしして書いた長い長い文章。
posted by りび at 15:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(3) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月09日

日曜日の大神

  
「湘南が勝っても誰も何とも言ってこないのに、

負けると必ず会社の人達が話かけてくるのは何故だろう?」by家主
  
  
日頃のおこないだと思います。
  
  
  
  
ということで、湘南さんが訳わかんない(っぽい)負け方した(らしい)翌日の日曜日。
切ない気分のときこそ土手詣ですよ!とばかり、大神へ家主車を飛ばしました。
ホント言えばただ馳夫さん(byFoolさん)を見たかっただけなのですが。
  
050807
馳夫さんいない(´・ω・`)
  
フツーの居残り組練習見学と相成ってしまった訳ですが、
まあ、ただの練習見学とはいえ、
これはこれで、普段じゃそうそう見られないものが色々あったりして、
それなりに楽しいものではあるのです。
  
050807
単独ドリブル中央突破&シュートを仕掛けて
GKと交錯する白井さんが見れたり。
  
ミニゲームの時には、よく中盤の1人に色の違うビブスを着せて、
攻撃する側だけの味方をさせるこうもりプレイヤーを配置するんですが、
  
050807
それを、妙にぶっとい選手がやってるなあ?あんな練習生いたっけ?
と思ってよく見たら、
  
050807
望月コーチだったり。
  
  
  
そうそう、この日は朝から雲ひとつないガンガン照りで、
そらもう日傘持ってないわたくしがあうあう言いながら
鞄の底をかき回して折り畳み傘を引っ張り出してきちゃう
ぐらいの猛烈な酷暑。で、恒例
  
  
050807050807
050807050807
  
大神の夏。日本の夏。
  
  
  
練習終了後、
  
050807
ランニングを始める湘南U-20。
  
  
  
050807
あられもない姿で腹筋を始める湘南O-27。
  
  
  
その後も、練習を終えた選手が続々と集結し、
眼前はさながら裸族まぐろの陸揚げ状態に。
  
050807
なんとなーくそれを眺めていたら、
最後にはランニングしてた若者組も仲間入りを始め、
もうキリがないので帰りました暑いし目の前の光景も暑苦しいし。
   
  
  
  
【追記】ねおさんにプレゼント。
  
050807
白井さんの輝くような笑顔。
posted by りび at 08:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベルマーレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。